きょうこさんのヌメロロジー

 

最近文章を大量に書いている生活を送っていて、それが全部ですます調だったり堅苦しい物が多いので自分の所くらいは楽に書こうかなと思ったこの頃。この記事から急にくだけるのはそれが理由。

 

先日、インドのアシュラムで知り合ったきょうこさんのヌメロロジー(数秘術)のカウンセリングを受けてみた。元々数秘術に興味があったのと、ライブに言った時の再会のご縁も感じて、悩みがどうこうではなく衝動的に申し込んでしまった。申し込んでから「私の悩みって?」と慌てて書き出したりしたくらい。

受けて感じたのは一見「えー?」って感じた事も、本当は知ってる事ばかりだということ。「自分のことよーく知ってるもんね!」という意味ではなく、子供の頃に周りの大人達に言われて蓋をしてしまったり、無かった事にしようとしていたもの。

私は8〜12歳の頃までの間に主に学校の先生から「感じた事を真っ直ぐ口にするな」「もっと控えなさい」「仕切るな」「人に譲りなさい」と言われ続けて、成績表にも書かれてきたので、出来るだけ目立たず目を付けられない様に普通に平均的に生きなくちゃ、と思い込んでいた。今思うと「小さくなーれ小さくなーれ」と呪文をかけられている感じ。でも11歳の時のH先生だけは私の個性を伸ばそうとしてくださってた素敵な先生だったなぁとは思う。そういう素敵な先生もいたんだけど。

幼稚園の頃、既に小学3年生くらいに見られていた私は居るだけで目立ってしまっていた。身長だけでなく、その他の事でも目立たない様に、普通に真面目に過ごす様に注意して、徐々に思った事を口にしなく(出来なく)なっていった。皆が喜ぶ「あの人、変だから」「変人」「人と違う」という言葉は私にとっては最悪な言葉でしかなく、そう言われない様に努力していた。そして人格が形成された頃には静かに目立たなければあれこれ言われずに済むと気づいて、蓋はそこに納まった気がする。

それでも上手くいかない時は多く、色んな組織に入る度にストレスを感じていた。昔お世話になったある人が「信天翁は鴎になれない」って教えてくださったんだけど私はその時はまだ諦めてなかったんだろうな。

でも頑張っても元々持っている質は消滅しないので、美術など自分自身から離れた物体で自分を表現したくなったりしたのだと思う。

今はヨーガの講師をさせていただいているけど、これは結構なチャレンジだった。人前に立って教えるという事を私がして良いのかという葛藤が1ヶ月弱ほどあったと思う。幸いヨーガは「私が」教えるわけではなく伝えられて来た知識があり、それをスワミジや先生方を通して受け取り、そして更に伝えるのみなので問題無いと判断した。本当に素敵な知識なので、自分は空洞の筒の様になって限りなくそのままお伝え出来ればいいなと思ってる。文字通り道具で在りたい。

話がそれたけど、本来相談するつもりがなかった蓋がカウンセリング中に開いて中身が溢れ出てきた。自分の事なのに、当時の自分が愛しくて切ないという不思議な感覚。秘密基地を作ったり、男の子達と探検していたまだ蓋の無い頃の自分。石をわくわく拾ってポケットに詰め込んでいた自分(←これは今もあんまり変わらない…)。よく驚かれるくらい幼い頃からの記憶が鮮明なのもちょっと分かった気がした。

 

 

カウンセリング中にきょうこさんから私がTTCを受けていた時の話が出てきて「これってなおさんの話だったんじゃないかな?」と言われた事があった。長くなるから内容は割愛するけど、話を聞いて自分だと確信したものの、TTC中は自分に一生懸命過ぎて私を見ている人に気付いてなかったのよね(カルマヨーガをした時に (;゚ロ゚) ハッとしたけど)。

その頃から見守ってくださっていた方達がいらっしゃったんだと思うととてもほっこりとした気持ちになった。また、今年の2月、3月とカルマヨーガをしに行けた事も更に有り難い気持ちでいっぱい。

子供の頃からずっと「頑張らなくちゃ頑張らなくちゃ足りない足りない」と思って生きてきたけど、充分頑張っているので緩めた方が良いみたい。

 

カウンセリングシートをいただけたので、それを見返しながら備忘録としてここに。

・1がかなり多い。
・リーダーの人。
・空気は読まない(読めないんだと思ってたら読まないそうで…)
・基本的に幸運(自覚)
・パワー(スピリチュアルネームにも重なるような…)
・オープン、寛大(蓋がやや塞がってるかも?)
・リーダーシップと自主性。
・生真面目、働き過ぎ(超絶自覚)
・知性優位(常に高めたいと思ってるし、知的な人フェチ)
・スポットライトが強い(幼い頃はそうだった)
・27歳まで大きな試練はなかったか(20代はあらゆる意味でどん底)
・37歳〜45歳で自由を手に入れる。
・46歳からカルマ(学び)を精算(!)
・敏感(直感が強い話の時にこれがあるから、とのこと)
・依存(好きになったらとことん、みたいな…)
・神童とか呼ばれちゃう(こじれるまでは)
・男性的(子供の頃からずっとそう)
・結婚願望を持たない。
・責任感という視点で物事を見る。
・これという一つの事を見つけたら強い(今でもまだ3つくらい)

どん底の20代半ばに四柱推命で見ていただいた時と共通する部分が沢山あって面白い。

密かに進めつつある事が自分にあっている様なので遠慮なく進めて行こうと決めた。いただいた言葉を大切に、自分の資質を生かしつつ、そのままで無理せず調和させていきたい。というわけでまずは自分から幸せになれたらいいな。

今年は楽しんでクリエイティブに、来年はコツコツだそうです。

今の時点で「これからの人生が楽しみ」だなんて思える事を10年前の私はまるで想像もしていなかったので、それだけでもう幸せ。

 

感覚的な事、自分の事ばかり書いたけど、きょうこさんのヌメロロジーは聞いていて「もやっ」としない。「私という○○という能力を持った人があなたを見てあげますよ、良くしてあげますよ〜」というものが無いという意味。「え?何でこんな事を言われないといけないの?」というのも無い。それはヌメロロジーを通して見た私の話をしているのであって、きょうこさんの主観で話しているからじゃないからだと思うけど、それが素敵でした。

また、社会の流れに沿わせて成長しましょう、苦手なこれを何とかしましょう!ではなく、自分が持っている資質を知ってそれを生かしていくという所も素敵。迷ってるけど誰に相談したらいいんだろうって時に試してみて欲しいです。

 

★きょうこさんのBlogはこちら
あなたを格上げするコミュニケーション方法をご提案