「麻で石を包む会」を終えて

 

またまた日が経ってしまいましたが、無事「麻で石を包む会」を終える事が出来ました。

参加者がお馴染みの方で長年同じ先生にヨーガを習って来た仲間でもあり、先日のウパーサナサンガ仲間でもあったので石のお話は遠慮なくマニアック過ぎるかな?と心配もせずに遠慮なく話させていただきました。喜んでいただけたみたいで嬉しいです。

石のお話の後に「ひなたぱんのパンランチ」。

 

左奥に見えてるベイクドポテトは沢山のパクチーが乗っていてやみつきになる美味しさでした。

 

紫のアイスは優しい甘みのアイス。私も似たものは作りますが、そうすれば良いのか!と一食で沢山アイデアをいただけたランチです。日頃からパンや料理を教えてらっしゃるだけあり、一手間が違っていてとても美味しいのです。おかわりまでしてしまいました。

 

食後に始めたマクラメですが、アーサナも瞑想も長年されているお二人なので集中力はあるだろうし、されて来ている事からお二人とも器用または丁寧そうと想像していました。実際、半端ない集中力と器用&丁寧さで見ていてドキドキしてしまいました。

組み方を覚えたら好きな場所で楽な姿勢で黙々と組み続けるお二人。

 

とても美しいです。

 

同じ組み方でも個性が出るが面白い所です。
仕上がりはそれぞれの個性がよく出ている素敵な仕上がりで嬉しかったです。どんな作品にも言える事ですが、巧く作ろうと技巧に走ると臭くなります。真剣に無心に作ったものはその人が作品に出てくるので素敵ですね。

 

集中するさわちゃん。リケジョな彼女の話もがっつり聞いてみたいところです。

 

さわちゃんは「この華奢さがいい!」と細い麻ひもを選択。時間もかかりはじめてだと難しいかな?と思いつつも持ち前の集中力と習得力でさくさくっと作り上げました。細い麻ひもとカンチェンジュンガの透明度の高い水晶とピューターのパーツでのネックレスは彼女の雰囲気ととてもよくマッチしていました。

 

ひなたぱんのあゆみさん。とても優しく美味しいパンと料理を作り、伝えてらっしゃる方。

 

あゆみさんは事前にご希望いただいていたハーキマーダイアモンドを無染色の麻ひも、パーツにシルバービーズを選んで包みました。丁寧な組んだ目はあゆみさんらしさが出ていました。ご本人のピュアな雰囲気に本当によく合う素敵なマクラメネックレスでした!

因みにハーキマーダイアモンドとはニューヨークのハーキマー地区で採れる六方晶系で透明度が高くよく光る水晶です(形が似ていても他の地方のものはハーキマーではありません)採れる地層は約5億年前のものとされています。それだけでもドキドキ出来る石です。

 

ひなたぱんさんの空間はとても心地の良い空間です。日々酵母を発酵させてらっしゃるので、この空間には様々な菌が生き生きと活動しているんだろうなと思います。室内で大きな観葉植物が生き生きと育っていたのもそういった良いエネルギーが満ちているからなんじゃないかなと感じました。

 

この日は水曜日の昼間だったので行けないというお声をいただきました。嬉しい事に終わってからもお問い合わせもいただいています。また別の機会にこういった会を開かせていただけるようにしてみたいと思っています。

私はヨーガ講師以前にものを作る石好き人間です。そういった所で誰かに何かをお伝え出来るってとても幸せな事でした。機会をくださったひなたぱんのあゆみさんには心から感謝しています。

ありがとうございました。