半日フルーツ断食

7月末から今まで予想外の忙しさで家でゆっくり過ごすという事が出来ずにいた。昨日、クラスを終えた後、ぱたりと床の上に転がってお昼から3時間熟睡。何も敷かずに眠りこけたので目覚めるとあちこち痛かったけれどすっきりとしていて心地が良かった。

 

「あ、エネルギー切れかぁ。」

と、気付く。

 

体力があるので結構無茶がきく方だけど、疲労を感じないという悪い癖がある。ある日限界値が来たらこのようにぱたりと所構わず眠ってしまったり、もっと酷い場合は休みと分かった途端一日動けなくなったりする。まだまだ自分の事をわかってない証左。

というわけで今日は久々に一日休みとしてメール以外の仕事はせずにゆったりと過ごした。生活クラブの頼んでいた食品の受取だけを行って、後はフルーツと水分だけを摂るフルーツ断食をしながらゆるゆると。半日のフルーツ断食って私にとっては何の苦痛も無いのだけど、内蔵の調子も良くなるし、肌も回復するし、良い事だらけ。気軽に始められるので気になる方は月に1、2度でもいいから試してみて欲しい。

エーカーダシーの日(満月と新月から11日目)が良いとされるけれど、私は体の調子を見ながらした方が良さそうな日に単発で入れてみたりもする。

 

ちなみに今日の食事。

朝はアーユルヴェーダのハーブ類とスイカ、スパイスティー。
昼はスイカ、葡萄、ハーブティー。
夜はうどん、マンゴーゼリー。
寝る前にアーユルヴェーダのハーブ類。

スパイスティーは沢山作っておいて、水分補給時に常温でいつでも飲む。

 

断食って身体だけでなく、脳にも良い。

ゆったり過ごしていたら急にぽんぽんと泉から湧き出る様にアイデアが浮かんで来た。頭もしっかり休めた後はこういう事がよくあるのだけど、とても気持ちが良い。

 

これは感覚的なお話ではなく、断食をする事で体は脂肪を分解してケトン体をエネルギーとして使うから。断食を初めてする人や、ケトン体を使ってこなかった場合は最初は頭痛など不快感がある人もいるそうだけど、人間は元々ケトン体をよく使っていたとのこと。そしてケトン体で動いている脳は通常の糖で動いている時よりも冴えると言われている。

断食って言葉でもう嫌だなぁと感じる方もいるかもしれないけど、断食をすると脳はα波を出すので「心地よい」と感じている。そしてβエンドルフィンというホルモンも出てくるので作業効率も上がって行く…。

 

効果を知るとどんどん試したくなる断食。
修行的に水だけ!とは言わないので気軽にフルーツだけ食べる半日の断食をお試しあれ。