秋なこと乙なこと

 

お寺は秋が何となく似合う気がします。

とはいえ、春の桜も夏はお盆、雪化粧のお寺、と、どの季節も素敵なのですが。でも秋の夜に虫の声を聞きながらお寺でヨーガだなんてなかなか乙だなと感じています。

 

乙とか書くと個人的には『へうげもの』という漫画を思い浮かべてしまいます。

 

 

新刊が出たら買ってしまう数少ない漫画の一つです。主人公の茶人、古田織部が乙だと感じた時に実に嫌らしい表情をしながら手で「乙」と作るのですが、画像検索したらフィギュアやアスキーアートもあるようで驚きました。笑 まんま、「乙」というCDも出ている様です。

 

歴史の解釈や脚色が気に入るかどうかにもよりますが、歴史や日本文化が好きな人には楽しい漫画です。茶道は簡単にしか学んだ事がありませんが、充分楽しめますし、知識も広がります。芸術の秋だからと芸術に触れるにはちょっとしんどい、という方は漫画を楽しく読みながら日本の文化や歴史に触れるのも乙かもしれません。

 

昔の職場で朝から花を生けるのが業務の一つでした。今思うと素敵なお仕事です。近頃は玄関に飾ったり、庭の花をガネーシャの前に供えるのも習慣になってきています。日本には華道という素敵な文化がありますが、残念ながら私はきちんと学んだ事がありません。それでもただ無造作に生けるのではなく、自分なりに美しさを見つけて生けるだけでその場が素敵な空間になります。美しさや凛とした空間を作る事、所作は大切にしていきたいものです。

 

【乙なもの】気が利いていて、ちょっといいと思わせるさまなどを意味する表現。他もよいが、これもまた趣きがあってよい、といった意味で用いる。

 

ずば抜けて素晴らしい!というものよりも穏やかでちょっと良いというあたりが気に入っています。甲乙丙丁の甲ではないんですよね。人間、ちょっといい事の積み重ねが大切なのでは?と感じています。日常に少しずつ取り入れて行きたいものです。

心光寺さんでのヨーガも1年を過ぎると続けてくださる方、よくお顔を拝見する方達が増えてきました。とても嬉しい事です。体の調子が良くなるから続けられる方、中断したら戻ってしまったと感じて再びご参加くださる方、仕事が早く終わったらご参加くださる方と様々です。1回からご参加いただけますのでお気軽にお越し下さいませ。

 

時々ご感想で「良いクラスですね」と仰ってくださる方に「そうなんです。本当に良いですよねー」と答えたくなります。何故ならスワミ・シヴァナンダをはじめとして伝わってきた知識を受け取り、それを伝えているものだからです。そして私が習って来た日本人の先生方もそれをそのまま伝えてくださり、また素敵な方が多いので、日本語的な部分ではその方達のエッセンスも多く含まれているかと思います。

私が作ったシークエンスや私が思いついた事を伝える事はありません。(勿論ご参加くださる方に合わせて軽減したり、アドバンスを入れたりなどの調整は行います)

 

秋です。自分にとってちょっといい事、乙な事を始めてみませんか?

 

次回の心光寺deシヴァナンダヨーガは9/13(水)です。心光寺でお目にかかれる事を楽しみにしています。

 


「心光寺deシヴァナンダヨーガ」

【寺ヨガが初めての方へ】
お焼香&お十念などの説明がございます。お着替えを済ませて、10分前までに本堂にお越しください(更衣室あり)

【日時】9月13日(水)19:30~21:20ごろ
(19時から受付開始)

【志納金】1500縁

【ヨガマットレンタル代】200縁(Myマットをご持参可能)

【持ち物】動きやすい服装・タオル・飲み物など

【定員】15名

【場所】心光寺 本堂
〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1-3-68

【最寄駅】
谷町線 四天王寺前夕陽丘駅から約7分
御堂筋線 なんば駅から約12分

 

【ご予約方法(お好きな方法でどうぞ)

Facebookの参加ボタンを押す
★Tel:080-3104-0340(副住職:丈徳(じょうとく))

★Mail:s.terakatsu@gmail.com
★予約サイト→RESERVA
寺活アプリ(クーポンあり)