6秒間

怒った時に効果的なのはそのまま何もせずに6秒間だけやり過ごすというのはよく聞く怒りの対処法です。今日ピッタは批判的や怒りに繋がるという話が出た時に盛り上がった話題です。珍しい話でもなくよく言われている話です。

6秒で次の考えの波が動いてるっていうのですから、
人間のマインドがいかに動き続けるものかよくわかります。
また人間の脳って凄そうでいて実はマルチタスクも苦手だそうです。
新たな考えが出て来たらそちらに向いてしまうというわけです。

嫌な事や不快な事って生きてたらありますし、わざと相手を不快な気持ちにさせようとしてるのかと思うくらい言わなくてもいい事を言ったり、しなくてもいい事をしたりする人もいます。
そんな事に振り回されるのは勿体ない事です。
また、怒りの衝動を抑えられないのはもっと困ります。
誰かに噛み付いたり暴言を吐いたりして良い事も何もありません。

そこでムカッと怒って行動するのではなく6秒まずはやり過ごす。
これを忘れない様にしたいです。
そして6秒で落ち着く所までいかなくても、同じ方法でやり返すという一番最悪な事をしない冷静さを取り戻せたらそれだけでも大きな価値があるのではないでしょうか。

でも、怒りの感情を飲み込むのは良くないので対処は必要です。
何があっても怒りが沸き上がらないほど出来た人間になるには先が長過ぎます。
以前ヴェンキー先生の講座ではスワミ・ダヤナンダジはタオルなどを投げて発散すると良いのではないですか?と仰っていたとの事でした。言うまでもなく、他者に迷惑かけない方法で発散というのが大切です。

自分の負の感情の傾向がわかったら過剰なドーシャを静める。
それが怒りであればドーシャを静める前に爆発しないように6秒、流す。
不発した怒りはタオルを一人で投げつけて解消。笑
私も次回そんな状況に遭遇したら試してみようと思います。