チャリタブル・ヴェーダーンタ勉強会 4/21を終えて

2回目4/21の勉強会を終えました。
今回もご参加くださった方々のご協力に感謝致します。

まず、復習をしたい方、確認をされたい方はMedha先生のBlogで確認する事が出来ます。

第1回 4/7(土)
第1回サンスクリット文法クラス・おさらいスタディー・マテリアル その1

第1回サンスクリット文法クラス・おさらいスタディー・マテリアル その2

第2回 4/21(土)
大阪勉強会 第2回目のまとめ

食事前のチャンティングについてもご説明くださっています。

食事のチャンティングについて、ギーター15章の後に唱えているシュローカ

個人的なお話ですが、飯能でのヴェーダーンタキャンプ以来、ギーター15章を唱えたくて仕方が無い状態になりました。まずはアシュラム滞在時に先輩であるきょうこさんに1対1で練習につきあっていただいて間違いを修正していたきました。それから自分で練習出来るようになったので、そこからは毎日Medha先生の音源を聞きながら練習しました。すると2週間で手元にシュローカがあれば完璧にはほど遠いですが一緒に唱えられるようになりました。次の2週間くらいで手元に無くても唱えられる人がいたら手元になくても唱えられるようになってきました。本当に素敵な時間だと感じています。

こういった経験より、大阪の勉強会でも長く学んでいる方達にお声がけしてスタディグループを作ろうと考えています。また何か決まりましたら勉強会にご参加くださった方にはメールで連絡させていただきます。

ギーター15章はMedha先生のサンスクリットの祈りの詩節集に載っており、音源もWebで聞く事が出来ます。

 

 

今回も楽しくわかりやすい例や説明に皆で笑いながらリラックしして学ぶ事が出来ました。

自由意志を持つ人間として生まれてきた事、また、ヴェーダーンタを学びたいと思って辿り着いた事、artha、kāmaの終わらない追求に疑問を感じる事が出来たこと、先生方に出逢えたことだけでも大きなグレースを感じています。有り難いですね。自由意志を使ってdharmaに沿った行いが出来ますように。

次回からいよいよTattvabodhaに入るそうです。新しくなった教科書をグルクラムでちらっと見せていただいてとてもわくわくしたものです。楽しみです。