2019年スケジュール帳

仕事の合間にぱぱっとロフトに行って手帳を買いました。
昨年、機能性の高い手帳を小さくしたら小さくし過ぎて書ききれないので少し大きくしました。また機能性の高い手帳に一瞬目移りしましたが、物に関しては足りなかったら足すくらいで良いんじゃないかなというのが最近の選び方です。

そこまで手帳に対して情熱がある人でも無いので、マンスリーがあればOK、そして並行した予定の準備がどうも抜けがちなのでプロジェクトシートが付いていて軽ければ良い、そんな都合の良い手帳があるのかな?と思ったらありました。

 

 

サイズは随分大きくなりましたが、約半分の薄さになりました。
黄色はバッグの中で目立って良かったのですが、真面目なスケジュール帳は黄色ってなかなか無いんですよね。

 

 

10個のプロジェクトを並行して書けるのは嬉しいですね。
仕事だけでなく勉強のスケジュールにも使えそうです。

 

スケジュール帳は買ってからのカスタマイズが楽しい所です。
ある方は見開きにガネーシャさんのステッカーを貼っていました。
ある方はダライ・ラマ14世の写真を入れていました。
いつも心に留め置きたい方の写真や絵を貼る方も多いようです。

 

(一風変わった)文具を扱うお店を持っていた事もあり、文具は大好きです。発売当初のほぼ日手帳を使っていましたし、数年は毎年使っていましたし。その他にも多機能な手帳が好きであれこれ選んでいたものです。最近でいうCITTAやEDIT、ジブン手帳あたりでしょうか。(CITTAってあのCITTAなんでしょうか?)

最近は多機能な方へばかり向かうのではなく、必要最低限である事、足るを知ると書けば格好が良いのかもしれませんが、自分に相応しいものを選ぶという事に重きを置いています。薄いし安いし満足しています。

不満としてはビニールのカバーは着けないで欲しいのですけど、なかなか難しいですね。世界がプラスティックを減らそうとしている流れに日本が乗れるのはまだ時間がかかりそうです。一人の消費者としてプラスティックを買わないようにするのは大切ですが、プラスティックがない商品を探す事が難しいですね。動物性食品を食べないという事と同じくらいに見れてないだけなのかもしれません。。

 

社会を憂いてばかりいても仕方がないですね。「それぞれが自分のお仕事、するべき事をしっかり行うと事が社会を良くして行く事だ」とヴェーダーンタとかヨーガに関係無い方が仰っているのを前に聞いて本当にその通りだと思ったものです。

新しいスケジュール帳と共にこれからの1年もお仕事頑張ります。