シヴァナンダヨーガって?

最近お問い合わせいただく事が続いたのでサイトにシヴァナンダヨーガの説明ページを少し詳しく載せてみました。Śivānanda Yoga、Sivananda Yoga、シヴァーナンダヨーガ、シヴァナンダヨガ、色んな表記がありますが発音の問題、文字の問題ですので日本ではどの表記でも目くじら立てなくて良いかなと感じています。正確に書くならशिवानन्द योगとなります。

シヴァナンダヨーガとは、インドの伝統的なヨーガであり、一般的には12の基本ポーズのシークエンスのヨーガであったり、マントラが前後にあったり、シヴァナンダさんという方が作った、などなどいろんな説明がなされています。他にも癒しのヨーガですとか、総合的なヨーガです、などなど。勿論どれもその通りです。

でもそれだけかと言われるとそうではないの事は明確です。

ヨーガの五原則というページを作っているのでご興味ある方はご覧いただきたいのですが、日本でいう「ヨガ」が意味するポーズを取って行うエクササイズはシヴァナンダヨーガの1/5に過ぎません。そして正確にはポーズを取ることは「アーサナ」と呼びます。

でもどのスタジオでシヴァナンダヨーガのクラスを受けても前後のマントラと呼吸法、アーサナで終わる事が殆どです。何故でしょうか?色んな理由がありますが、まずはヨガスタジオに来られる方はポーズを取るアーサナを求めて集まりますし、多くのスタジオもそれを求めています。

時間の問題もあるでしょう。正直なところ、シヴァナンダヨーガは少なくとも2時間は欲しいなぁと教える側になると感じています。1時間半でも出来ますし、していますが、MAXの恩恵を受けていただくなら2時間は欲しいのです。でもスタジオには時間割がありますから、なかなか長時間の枠は難しいですね。限られた中でシヴァナンダヨーガを行うならば12の基本シークエンスを時間内で行って終わるという事が多くなるのが現実です。

後はアーサナ以外の学びがそのクラスで行うには難しいという点もあります。総合的なヨーガと呼ばれるだけあって、1、2時間のクラスで、しかもその時だけ参加される方も含むクラスでシヴァナンダヨーガとは?をまとめるのは非常に難しい事です。

私自身は独学→国内で先生について約5年間→インドのアシュラムでTTC→講師として教えて、時々インドのアシュラムで学んで、という流れで学んで来ています。独学の時は他で習った知識と経験からアーサナと瞑想だけを行っていました。先生についてからも最初はアーサナをただ行う事を続け、2年ほど経った頃で自分の心のあり方、精神に大きな変化がある事に気付きました。心と体に良いものである事は毎回のクラスで感じていました。でも自分という存在、心(マインド)、にもう一度向き合った時にその変化の大きさは、どんな哲学書や芸術に触れても、心理学の本を読んでも説明できるものではありませんでした。時々のクラスと自宅でのプラクティスで何故こういう変化が起きたのかわからなかったのです。そこからもう少しちゃんと学ぶようになり、読み飛ばしていた「ヨーガ 本質と実践」(リンク先はAmazon)をちゃんと読んでみたり、何よりヴェーダーンタやギータも勉強していきたいと強く思うようになったのです。

今も学びの途中で、アーサナ同様ヴェーダーンタやギーターは先生について日々学び続けています。

つまり、何が言いたいかというと「シヴァナンダヨーガ」って何ですか?という問いに対して一言で答えるのはとても難しいという事です。

スワミ・シヴァナンダ先生はこういう言葉を残されています。

 

 

Serve, love, give, purify, meditate, realize.

-Swami Sivananda

 

仰る通り!と今でこそ感じますが、最初は「へ〜、良い言葉だね」どまりでした。そして今だからわかるとはいえ、私は悟った人でも無い凡人なので完全に理解して実践し尽くしたわけでもありません。ただ、素敵な言葉である事、そしてグルデーヴの写真の眼差しにジーンと来てしまうのです。お会いしてみたかったなあと本当に思います。

そしてスワミ・ヴィシュヌデーヴァーナンダ先生はこういう言葉を残されました。

 

 

Health is Wealth, Peace of Mind is Happiness, Yoga shows the Way.

-Swami Vishnudevananda

 

もう少し一般人の私にもわかりやすく噛み砕いてくださったような言葉です。そして沢山残っているスワミ・ヴィシュヌデーヴァーナンダ先生の笑顔は見てるだけで幸せな気持ちになりますね。

「健康とは豊かさであり、心の平穏は幸せです。ヨーガはその道を示します」

素敵な言葉です。この言葉が本当に大好きなので、チラシなどにもよく使わせていただいています。

言葉ってすごいですね。使う人が上手に使う言葉は短く的確に全てを凝縮させます。私はどちらかというと長文派なので(要約が下手なんです)とても憧れる能力です。その全てを説明せずとも理解させる能力がある方が素晴らしい先生なのでは無いだろうかと最近感じています。

話が反れましたが、シヴァナンダヨーガとは?と聞かれたら今度からはまずこれらの言葉をシェアしようと思っています。

 

そしてシヴァナンダヨーガをちゃんと学びたい!とお思いの方は最終的にはインドのアシュラムにて、スワミジから学ぶのが何よりです。私の直接の先生であるスワミ・ゴーヴィンダナンダ先生はスワミ・ヴィシュヌデーヴァーナンダ先生のお弟子さんでもあります。アーサナを学びたい方は特におすすめです。ご興味を持った方は私が学んだアシュラム、Sivananda Yoga Vidhya Peetham(SYVP)のページをご覧くださいませ。