ケアリングヨーガ

私はシヴァナンダヨーガ講師としてヨーガ(アーサナ)クラスを担当させていただく事が殆どですが、通われている方が60代より上であったり、30代でも体の不調や低体力でアーサナが難しい方にもお会いしてきました。

自宅のクラスに通われている60代以上の方は皆さんお元気でシヴァナンダヨーガのシークエンスをこなされていますが、10年後、20年後をふと考えた事がありました。誰でもヨーガと名付けてシヴァナンダヨーガのようなシークエンスを行う前の緩やかなクラスをPawanmukutāsanaをベースに行ってもいましたが、それでも難しい方がいらっしゃったのでこれはどうしたものか、もっと緩めて…緩めただけで良いのだろうか?と思い当たった結果ケアリングヨーガを学ぶことにしました。

TTCでお世話になったたまき先生が先生のお一人としていらっしゃるのと、以前闘病記フェスティバルにて説明をお聞きしていたので安心してするっと門をくぐりました。

お陰様で無事修了致しましたが、思っていた所とは違う部分が深くて、予想以上に嬉しい学びとなりました。ただ緩めれば良いわけがないと思っていた部分、何に引っかかっていたのかにも気づけたり、新たな発見がありました。岩田先生、斎藤先生、福智先生、そしてTTCからずっとお世話になっているたまき先生、本当にありがとうございます。

自宅でのクラスや近所の施設などでも少しずつ、まずはお試しクラスなどから活動を広げていければと思っています。