大豆アレルギー持ちの菜食主義の人が食べてるご飯

ヨーガでも、ヴェーダーンタを学ぶ者としても食事は菜食を推奨されています。推奨ではなく、本来は必須です。

私はピュアベジタリアン(乳製品OKの菜食)です。ベジタリアンには色んな種類があるのですが、その説明はweb上に沢山あるので割愛します。

ちなみに私はなろうと思ってベジタリアンになったのではなく、完全ベジの食事を1ヶ月してたら謎の持病が治ってしまったからです。また、卵を食べるとアレルギー検査には引っかからないのに何故か湿疹が出るということもあって緩く自然とベジタリアンになったのです。そしてアレルギーが少し出ていた乳製品に反応しなくなったので体から先にラクトベジタリアンになっていたような感じでした。笑

私が一般のベジタリアンと違うのは大豆アレルギーがある事です。大豆を食べると全身に一気に湿疹が出てしまうのです。昔(ノンベジ時代)、腸を壊してしまって、リーキーガットになってから色んなものにアレルギー反応が出るようになりました。腸を直したら回復していったのですが、大豆アレルギーだけ残ってしまったのです。まぁ、少しお醤油とかお煎餅とか食べちゃうのでちょこちょこ摂取するんですけどね。時々調子乗って美味しいなあ!ってお醤油使っちゃって痒がってます。お恥ずかしい話ですが。

大豆アレルギーの事を話すと「ベジタリアンなのに大豆がダメなんて!蛋白質どうしてるの?」とベジタリアンからも尋ねられます。

話はそれますが、アレルギー関係なく日本ではベジタリアンというだけで多くの人に「栄養足りてる!?」「力でないでしょう?」とよく言われます。ベジタリアンあるあるです。日本人女性の平均サイズより少し縦も横も大きい私は元気ですし、おそらく体力も同じ年代の女性よりある方です。

今回はそこではなく「普段何食べてるの?」とよく聞かれるのでそこを書いてみます。

答えは簡単、穀物と野菜と果物と大豆以外の豆類、ナッツ類、乳製品など。
大抵はカレーを食べてますが、カレー以外も大豆抜きベジならなんでもOKです。

野菜丼

写真はある日の晩御飯です。古代米入りご飯の上にビーツ・ビーツの葉・小松菜・アボカド・人参・茄子・大葉・胡麻。ビーツのみスパイスを使ってポリヤルにしました。メニューに迷った時や、一緒に食べる人がインド料理ダメな時にもよく食べる「野菜丼」です。ご飯の上に炒めたり蒸したり茹でたり下味つけたりつけなかったり、スパイス使ったり使ってなかったりの野菜などを乗せるだけ。タレの味を変えたり、野菜の種類、調理法で飽きる事なく食べ続けられます。スープをつける事もあります。

最近はブッダボウルというご飯が流行ってるそうですが、恐らく菜食の人は昔からこんなご飯を食べてるかもしれません。簡単ですし、凝ろうと思ったらいくらでも凝ることができて、作る人にも優しいです。この日は葉つきビーツがあったのでちょっと豪華になりました。

「みんなベジタリアンになった方が良い!」とは言う気はありません。まぁ、体や頭にも優しいから、週末だけとかしてみたら良いデトックスになるよー?とは思いますが。ただ「菜食は栄養が足りてない、力が出ない」という意見にはそんな事ないですよーって言いたいです。そして大豆が食べれなくても蛋白質は色んな食品でまかなえているみたいです。

私は料理を感覚で作る人ですが、栄養に関しても同じで「美味しく元気だったら栄養は足りてる」と思っています。インドでふらふらしてた時はカフェにビーツのヴィーガンケーキを食べに行ったら一気に元気になりました。体が必要としているものを感じ取って食べられたら何主義の食生活でも元気なんだと思います。何のためにその食事をしているのかがはっきりしているとやりやすいというのはありますね。あと、脳だけが欲しいものを食べ続けるのはやめようと決めてます(甘いの食べたい!刺激的な味が欲しい!とかそういうのです)

今年は家庭向け、自分の為の簡単で満足できる菜食ご飯の会を開いていく予定です。きちんとした立派な料理教室は立派な先生方の所に行っていただくとして、開きたい会は緩く、菜食した方がいいけど日々のご飯ではやってられないよなぁ、何作っていいかわかんないなぁ、簡単に作るなら何だろう?というとことん手を抜いたご飯会です。レシピ交換会、試食会もしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です