広島での学びの二日間(1/2)

  • by

7/21、7/22と広島に行って参りました。
広島には子供の頃、確か10歳の頃に祖父と一緒に行った旅行の途中に寄った平和記念資料館、2015年の冬にシルヴィ・ギエムのファイナル公演を観に行ったので3回目でした。3回ともスペシャルな時ばかりです。

今回の目的は広島のヴェーダーンタ勉強会と、その主催者の亜希子さんに会う事が目的でした。勉強会は大阪でもお世話になっているみちか先生のクラスなので言うまでもなく、亜希子さんは飯能のキャンプで1ヶ月寝食を共にした、沢山の事を学ばせていただいた先輩でもあります。勉強のことも、その他のことも本当に沢山の事を学ばせていただいたお姉さん的存在です。キャンプ以来お会いできていなかったのでこの日は本当に楽しみにしていたのでした。

勉強会も本当に楽しく学ぶ事ができました。
先日も書いたのですが、アレルギー反応が強く出ていた6月、体内の炎症のせいなのか、常にぼーっとして勉強があまりできない1ヶ月を過ごしていました。それがやっと体内の炎症が落ち着いたのと、砂糖や乳製品を減らしたこともあり、7/19頃から霧が晴れたような感覚にあります。ブレインフォグが消えたという事かもしれません。20日の大阪の勉強会に間に合ったので、この日からは先生の言葉がクリアに入ってくる感覚がありました。そしてそのまま夜行バスで広島へ。

広島の勉強会はヨーガ療法のお部屋なのでまず快適です。大阪の会議室とはまったく雰囲気が違います。そして少人数なので質問もしやすく、ランチタイムも先生を囲んでお話を聴きながら食べれるのが良いですね。

また、大阪で学んだことが半分ほど重なっているので大阪に参加されている方には非常に良い復習になります。先生の言葉で復習ができるとはなんて贅沢な事でしょう。お一人ずっと大阪と広島に通われている方がいらっしゃるので羨ましさを感じました^^


バーキャヴルッティは初めてでどうなることやら、と思いましたがチャンティングは初めてすぎてたどたどしいものの、内容はタットヴァボーダでも聞いて来た事と通じて話として聞いていてとても楽しいものでした。勿論、みちか先生はそこにいる方に向けて話されるから、だと思いますが。ですので途中からだから、と思わずに気になった時に途中からでも参加するので大丈夫だと感じています。いつかまた前後も学べますように。

お時間など許されるなら是非足を運んでみてください。私のようにどこでも眠れる人なら夜行バスを使うと大阪から片道5000円しませんし、そうでなくても新幹線で1万円しません。

こういう話をすると「遠い」という言葉が出て来ますが、私は目的の為にはあまり距離を気にしないタイプなんでしょうね、あまり気にしていません。距離ってなんとかなるものです。少なくともインドまで飛行機乗って勉強しに行った人ならこの感覚がわかると思います^^


また、わざわざ遠くまで出かけるという行動は自分にとって「ここまで来たんだから!」という価値やモチベーションを付加する事にも繋がるともいえます。おすすめです。

そして他の方が主宰されているみちか先生の勉強会に参加したかった理由は主催者としても勉強させていただきたいという気持ちがありました。私はあまり気がきく方では無いので気配り上手な方達から学ばせていただこうかと。見聞きしたからと行って真似できるものでは無いですが、色んなところを学ばせていただきました。

ざっくりとしたことだけ書きましたが、続きはじっくり書く予定です。