明日香ヴェーダーンタキャンプを終えて

  • by

少し日が経ってしまいましたが、多くの方に支えられてMedha先生による「2019明日香ヴェーダーンタキャンプ」を無事終了することができました。

無事と書きましたが、私自身が途中体調を崩してしまったりと反省点の多いキャンプとなりました。トラブルがこの程度で済んだことにホッとはしているものの、至らない点が多かったことも次があれば活かしていきたいと思っています。それでも2週間集中して学べる期間を持てたこと、助けてくださった全ての皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。その場におられない方々からも、キャンプの前、期間中に応援してくださったり、終わってから労いの言葉を贈ってくださったり、本当にありがとうございました。

先生の講義は前半は「バガヴァッドギーター ~ 誰でも貢献者として社会参加できる智慧 ~」というタイトルでダルマについて理解しやすくお話くださり、後半はケーナウパニシャッドとESG Vol.3の解説、AstaadhyaayiisuutrapaathaHを使ってグルナーマからいくつかピックアップしてサマーサや言葉の成り立ちを学びました。

文法のクラスはついていくのに必死で(ついていけず夜寝る前まで勉強仲間の先輩に教えていただいたりも)脳内が筋肉痛になりそうでしたが、ずっと学びたかったスートラです。スッキリ理解までは程遠くても、頭に入ったらスッキリするのが目に見えていて、面白いことはわかるのでとても充実の時間でした。

その他にはプージャーのチャンティングを習い、文法的な解説、希望者は実際にプージャーを行いました。個人的には今回で意味をわかった上でチャンティングできるようになってきたので、もう一度所作を学んで自宅でも日々のプージャーをきちんとできるようにしたいと思っています。

プージャーの後の瞑想の時間で何の役割からも離れた自分とアポントメントを取る時間は、自分一人で行なっている日々の瞑想ともまた違ってとても大切な時間でした。慌ただしいキャンプの中のスケジュールの中ではこの時間の静けさの大切さを感じたり、それぞれが自身に向き合う時間でした。皆口々に「素敵な時間だった」と話していました。

限られた休み時間は各自チャンティングの練習をしたり文法の復習に勤しんだり、食事の準備をしたりと忙しくも充実した2週間となりました。

勉強以外の時間としては、行ける人でキトラ古墳の壁画を見に行くという遠足もありました。ガイドさんがいなかったので詳細はわからなかったのですが、くっきりと残った可愛らしい白狐と天体図を見る事ができました。お土産に白狐クリアファイルを購入したりも。

食事は料理上手な方が集まったので毎回充実の内容でした。
色んな人と料理を作ったり、教えてもらったりと自分の料理の幅も広がって楽しいです。エーカーダシーの秋のプレート、セルフ栗ご飯、噂のテンペご飯(!)、色んな方の作るカレーやダール、vanamさんのゴージャスなケータリング、楽健寺酵母の美味しいパン、明日香の特産古代米入りご飯、チャプチェ、稲荷寿司などなど、食事の時間は華やかで、笑いが絶えない楽しい時間でした。本当によく笑いました。

勉強最終日には各自これから学びを深めたい書籍を新しい布に包んで祭壇に置き、いつものガネーシャプージャーに加えてサラッスヴァティープージャーを行いました。これからも学び続け、無知が取り除かれて、理解を深めていけますように。

ご参加くださった皆様、そして何よりみちか先生、ありがとうございました。


おまけ。
宿泊施設のすぐ横にある日本最古のお寺「飛鳥寺」の飛鳥大仏。最終日の帰る直前にちらりと拝観することができました。穏やかなお顔と言われている右側からの一枚です。


アンナダーナン、ビクシャー、ドネーションをしてくださった皆様(順不同)

Medha Chaitanya先生
KAORI KAMALA様
齋藤硝子店 様
西葛西ギーターチャンティングの会 様
阿部 昌子 様
飯田 清子 様
伊藤 有美 様
大山 有香 様
尾形 ゆみ 様
川口 志乃 様
駕谷 延子 様
栗林 よしえ 様
渋沢 佑子 様
千葉 洋子 様
栃岡 ともみ 様
豊永 文恵 &「さ」様
西川 明美 様
道下 啓子 様
山本 さゆみ 様
山下 恵子 様
ラショウ 様
山下 奈緒
匿名希望の方々

ありがとうございました。