素人でも作れる食べれる作物

コロナ禍真っ只中です(2020年4月26日現在)。
全国に発令された緊急事態宣言で自粛することがストレスの方が多いようですが、いかがお過ごしでしょうか。

私は日々畑ゾーンを増やして色々植える生活を送っています。

もともと庭仕事が好きなのですが、大阪で仕事しているとなかなか時間が作れず畑仕事に手が回りませんでした。母に任せっぱなしになっていたのですが、ここ最近は思う存分楽しんでいます。


今の時期に何をするか

緊急事態宣言が発令されて、自粛するように呼びかけられています。

退屈ですか?
会いたい人に会えなくてストレスですか?
ストレスを抱えている方もおられるかもしれません。

私は仕事も大方なくなってしまったので呑気なのかもしれませんが、こんなことって人生でそうないと思うので自粛を楽しむことにしました。収入は激減しているのですが、お金じゃない所に力を注ぐべきなのではないかとも思っています。

今まで「時間がないからできない」と言ってきたことをするチャンスだと思っています。


食べれるものを育てよう

facebookをご覧いただいている人はご存知でしょうが、庭仕事に勤しんでいます。

以前から庭仕事は好きでしたが、今年は畑ゾーンを増やして、実験的に省スペースでの野菜作りをしたり、ポテトタワーにも挑戦中です。また別の記事で紹介していきますね。

そんなわけで、食べれるものを育てることを始めた方が良いと思っています。

国連は食糧難を警告しています。

世界各地で最大2億5000万人が飢える恐れ 国連が警告(BBC)
新型コロナに続き「世界的食料危機」の恐れ、国連とWTOが警告(AFP)

日本の政府は備蓄もあるし大丈夫と言っていますが、小麦粉の備蓄はたったの3ヶ月分だそうです。

日本の自給率は40%以下という恐ろしく低いものです。
ちなみにアメリカは自給率130%です。

何か食べるもの作ろうかなと言う気持ちになりますね。
言うまでもなく、庭で家庭菜園をしても自給自足は不可能です。

ただ、食べるものを作ることから得られる学びは本当に大きなものです。
少しでも作ってそれを体感することは大切なのではないでしょうか。

そして、育てることも、
観察することも、
もちろん食べることは楽しみにもなります。

固定種、在来種の種や、無農薬の種で作れたら安心にも繋がります。

固定種、在来種については以下の記事で説明を少し書かせていただいています。
「チャリタブル・ヴェーダーンタ勉強会の支援先について」

循環や、農家さんという仕事の素晴らしさ、食料自給率まで考えることができるプチ菜園をおすすめします。


庭仕事は結構な運動

草抜きや土を一定時間(15分程)触っていると体内の静電気が流れるそうです。

静電気は体に不調をもたらすそうなので流れた方が良いですよね。
個人的には車に触れるたびにバチッとなるのが嫌なので流れて欲しいです。

庭仕事をした後はスポーツ後の爽快感に似た感覚があります。
土を耕すことは、初めてだと筋肉痛になるくらいの運動量です。
剪定とかでもそうですね。

誰かと一緒にスポーツを楽しむことを自粛しないといけない今なので、庭仕事おすすめです。
作物もできて体も健康になって一石二鳥です。


素人菜園におすすめなのは?

作っても失敗したり、食べれなかったら残念な気持ちになりますよね。
そこで、植物を育てるのが決して上手ではないド素人の私でも成功してきたものを一部お勧めしてみようと思います。

◉ラディッシュ

土と種があって水をまいていれば必ず食べれるラディッシュ。
しかも成長が早いので素人菜園にぴったりです。

写真は種を蒔いて6日目のものです。発芽率高いのも素人には嬉しいですね。

もう少し葉っぱが育ったら間引きますが、その葉っぱもベビーリーフとして食べれてお得です。
アブラムシがついたらとるのが面倒なので寒冷紗をかけてみました。

我が家はこのシリーズの種をよく使ってます。
有機種子のパイオニアのGenesis Seeds Ltd.の種とのこと。
日本での扱いはナチュラルライフステーション

【ジェネシスシード社】有機種子 ラディッシュ

収穫したらスライスして塩でもんでからサラダに乗せたら彩美しく目でも美味しいです。
丸かじりも捨てがたいですね!


◉時なし大根

育つのが早く、強い時なし大根。

プロ曰く「時なし」の意味はいつででも育つというわけではなく、寒い時期に強いとのこと。
沢山の種類を買っても管理しきれないので、我が家は春まきも時なし大根にしています。

お味噌汁の具を庭に抜きに行くのってなかなか嬉しいものです。

そして今は貴重な固定種の種もネットで買えるのが嬉しいですね。しかも安価。
ご近所のお店では買えないのですが、ネットのお陰です。
種は厚みがないので送料も安いのも嬉しいポイント。

最近お気に入りの農業屋の固定種の種子です。

【農業屋】時なし大根 種子 小袋(約10ml)

この農業屋さんは関西には多く店舗があります。
苗の種類の豊富さと質の良さ、恐らくプロも使っていそうなお店で楽しいです。
お近くの方は自粛が終わったら遊びに行ってみてください。

緊急事態宣言が出る前に行った時、プロなのかセミプロなのかというおじさんが、さつまいもの植え方、良い苗の見方などをレクチャーしてくださいました。おじさん、ありがとうございます!


◉オクラ

ベジタリアンには欠かせない野菜オクラも私でもできるので育てられるはず。
収穫のタイミングが遅れて育ち過ぎて硬い…というミスは毎年していますが食べれるのでOK!
毎日数本ずつ取れるのでカレーに入れたり、炒めたり大活躍です。

これも農業屋さんの種があります。

【農業屋】オクラ(固定種:いちばん星) 種子 小袋(約70粒)


忙し過ぎて庭仕事とかしていられない人は?

緑豆(ムング豆)スプラウトなどがおすすめです。
簡単で栄養価も高くておすすめです。
特にベジタリアンには必須と言っても良いかもしれません。
食べるの忘れたり、放置しない限りは成功するのではないでしょうか。

写真の通り、私は普通の瓶に水切りネットを被せて、ボウルなどに斜めに立てかけています。
ところがどっこい、こんな便利なものが今は売られているんですね。

【グリーンフィールドプロジェクト】育てる発芽豆キット(レンズ豆) スプラウト

これならゴムが切れた時にスプラウトばら撒くとかしなくて良さそう。。
レンズ豆もついてるみたいです。
まあ、瓶と水切りネットと輪ゴムでできるので、ある人はそれからで問題ありません。
瓶がない人、見た目にこだわる人にはキットは良さそうですね。

発芽したらサラダに乗せてしゃくしゃくいただきます。
アシュラムでもよくおかわりしていました。
お醤油ベースのドレッシングもよく合います。

ネットで買うときは安心で信頼できるアリサンのものを買っています。

【アリサン】 ムング豆 500g

このようにスプラウト系は簡単で忙しくても簡単で失敗が少ないのでオススメです。
スプラウトがお口に合わなければカレーにしたら美味しくいただけるので無駄もないです。
ブロッコリースプラウト、豆苗も種からだと自分に合った量で作れるので経済的で栄養価が高くて嬉しいですね。


太陽の光を浴びること、体を動かすこと

テレワークや自粛で家にこもっている方も、太陽の光を浴びる時間を作ることをおすすめします。

太陽の光、つまり紫外線を1日に15分〜30分浴びるだけでビタミンDが体内で作られます。
庭仕事してたらあっという間に数時間経過するのでバッチリです。

紫外線はお肌の天敵ですが、ビタミンD合成の鍵でもあります。
でも強い紫外線は良くないので、帽子をかぶったり、日焼け対策はしています。
真夏以外は日焼け止めもあまり塗りません(これはズボラなだけ)。

ビタミンDには抗炎症作用もあり、免疫の強化にも欠かせないものです。
ストレスを溜めると免疫力が下がるので、今の状況では良くないですよね。
ちなみに体調が悪くて外に出られない時は活性ビタミンDのサプリメントを飲んでいました。

元気であれば、散歩や庭で体を動かして、ストレスを発散してビタミンD作って免疫アップさせることをお勧めいたします。

(ヨーガ講師ならアーサナやって免疫力UP!と書くべきなのかもしれませんが)

散歩も庭仕事も楽しみながら健康につながるので一石二鳥です。

ポテトタワーについてはfacebookを見た方から複数お問い合わせもいただいているので、近々記事で書いていく予定です。お楽しみに。