太陽礼拝強化月間

9月は勝手に太陽礼拝強化月間という事で色んなクラスにて太陽礼拝にフォーカスしたクラスを行っています。毎回違うお話や説明も入れていきますので、続けてご参加いただいても新たな学びがあるかと思います。どこのクラスでもなかなかご好評をいただいているので、今月いっぱいは続ける予定です。

10月からの心光寺deシヴァナンダヨーガが変ります。

気付けばあんなに賑だった蝉はいなくなり、コオロギや鈴虫、カネタタキなどの声に変わっていました。 毎日のように降る雨に晴れた時に広がるおもわず眺め続けてしまう空。 爪先から忍び込んでくる冷えを感じるようになってきました。 台風に豪雨に地震と日本各地で災害が続いていますが、季節は何知らぬ顔で確実に進んでいっています。私は年間を通して秋が一番好きな季節です。重なる災害に心を痛める事もありますが、自分がいま出来ることに集中して冬に備えて行きたいと思います。   さて。 心光寺のシヴァナンダヨーガですが、10月から少し変化します。 毎週になってから考えていたのですが、ベーシック、オープン、アドヴァンスの3種類のクラスを開催する事になりました。 ベーシックは毎回何かのテーマを持ってその部分を詳しく説明します。12のポーズ全ては行えませんが、ゆっくり丁寧に進めますので初めてヨーガに触れる方も安心してご参加いただけます。また、慣れてる方も復習や新たな学びになるクラスになればと思っています。 オープンは淡々と12のポーズを行なっていきます。一つずつ細かいインストラクションははいりませんので初めての方はベーシックを何回か受けられる事をお勧め致します。 アドヴァンスは2ヶ月に1回のペースで開催予定ですが、常連さん達が練習中のヘッドスタンドにフォーカスしたクラスを行う予定です。私自身がヘッドスタンドが出来るようになるまでちょっと苦労した経緯があるので苦手な方の気持ちはよく分かると感じています。   9月は参加者のご様子を見ながらベーシッククラスを少しずつ取り入れて行く予定です。 暑さもやわらぎ動きやすい秋はヨーガも取り組みやすい季節です。 初めての方も、久しぶりの方もどうぞお気軽にお越しくださいませ。 なお、心光寺さんでの新しいクラス内容は12月までで考えています。 その先の事は今の所はわかりません。 ですのでご興味ございましたら開催している間にお早めにご参加くださいませ。 お待ちしております。

8/19 Sivananda Morning urban_ashram projectを終えて (北浜・生活ヨガ研究所)

シヴァーナンダヨーガのアシュラムのサットサンガでアーラティの前に唱えるUniversal Prayer(普遍の祈り)というものがあります。資料として作ろうと打っていたのですが、私これ唱えるのがどうも下手なんですね。。なかなか覚えられないのです。。つっかえたり飛んでしまったり。。内容は素敵な者なのに。 暗記はそんなに苦手な方ではないですし、日本語の次に理解しているのは英語なのに何でだろうって思うくらいです。それに引き換え、英語よりまだ理解していないと思われるサンスクリットの方が暗記するのは遥かに簡単なんだと最近実感しています。 みちか先生に先日「英語よりサンスクリットを勉強したら?」とお言葉をいただいたのですが、13歳からコツコツ勉強してきた英語に対して、最近学び始めたサンスクリットが最近少しずつわかる言葉や変化が出て来ている事を思うと英語よりサンスクリットの方が早いんだろうな、と体感しているこの頃です。   話がいきなりそれました。少し日が経ちましたが8/19に生活ヨガさんにてSivananda Morningという朝からのスペシャルクラスを担当させていただきました。正直お話を受けた時に私が一人で受けて良いものか少し考えたのですが、私自身が最初のシヴァナンダヨーガの先生の似たようなクラスを数回受けてからインドに行って、アシュラムにすっと入り込めたのを思い出したらこれはむしろしなくては!と強く感じたのでした。 初めてでも何もわからないまま受けてもそこにある神聖さ、もっと触れていたい何か、サンスクリットの音の響きなのか、流れる空気なのかわからないままに惹かれるものがそこにあったのを思い出したからです。

リバーサイドヨガフェスタ2018を終えて

5/3は参加者&ちょっとのお手伝いとして、5/4は1コマ担当させていただく為にリバーサイドヨガフェスタに行って参りました。 場所は大阪中之島だったのですが、中之島と言えば私の青春の地でもあるので感慨深い…と書きたい所ですが、ヨガフェスタの場所は当時とは様変わりし、家族連れが休日を楽しむような素敵な場所になっていました。その風景は西洋の公園を彷彿させる様なのどかなものでした。 「ヨガしたいけど腰が痛くて出来ない」 「ぎっくり腰やったから出来ない」 「手術したあとが突っ張るから出来ない」 「年齢的にきつい」 こういったお声はとても多く、出来る所から始めたら良いとは言われても、アーサナをする以前にこれらの問題が精神的ブロックになってる事が多いとも感じています。 今回は60分のクラスということで誰にでも行えるアーサナだけをゆったり呼吸と動きを連動させながら行いました。持病があっても、酷い腰痛や肩こりがあっても問題無く動かせる方法って大切だと思っているのですが、それを良いお天気の中、外で気持ち良くゆったり過ごせていただけたなら嬉しいです。ここ最近シヴァナンダヨーガのクラスばかりだったので、またこういうクラスも入れて行こうかなと思いました。   沢山のご参加、本当にありがとうございました。 また、スタジオでのお仕事が極端に少ない事もあり、なかなかお会いしなさそうな先生方にお会い出来たのも楽しいことでした。貴重な経験となりました。主催者の珠数先生、スタッフの皆様、先生方、またお話をくださったMISTYさんに心より感謝致します。ありがとうございました。

限りなく空洞に

「1日限定 Sivananda Yoga 夜クラス @ 生活ヨガ研究所」を終えました。 以前より「生活ヨガさんでしてくれたら良いのに」というお声を参加者の方からいただいていました。その生活ヨガ研究所さんで1日限定クラスを行わせていただけた事に感謝致します。お寺に来られてる方に大人気の生活ヨガさんですが、行ってみて納得、お寺と生活ヨガさんは気に入る何かが共通しています。面白いですね。 受付の段階でシヴァナンダヨーガは初めてと仰りつつアーサナは日頃からされている方が殆どでした。最初に少しお話をしてから、ガイディングは丁寧にしつつもベーシックなシヴァナンダヨーガのシークエンスを行いました。最初から真剣に向き合っている事が伝わってきました。 実は考えていた事とは結構違う事を最初にお話しました。「クラスはライブだよ」と仰った先輩の言葉、講義はその時いる人に向かって話していると仰る先生方のお言葉、その感覚の理解が回を追うごとに深まっています。 そして驚きつつ嬉しかったのが皆さんの「Om」のお声が大きく響いた事です。これはインド以来の体験でした。ご感想で「鐘の音みたいだった」というものもあった程です。マントラもお声を出してくださる方もいらして空気感が一気に集中モードになっていくのを感じました。 クラスの空気は場所や参加者、人数、気候、時間帯などでも毎回変わっていきます。この日は気温も参加者の集中力、興味、生活ヨガ研究所さんという場所の力も全てがうまく調和していました。そして全て終わってから拍手をいただいたのは初めての事でした。 その拍手はスワミ・シヴァナンダジからスワミ・ヴィシュヌデーヴァーナンダジ、そしてスワミ・ゴヴィンダナンダジと受け継がれた知識を私はフルートの様に空洞になってそのエッセンスを伝えられているだろうか?という疑問を少し小さくしてくれました。このシークエンスはスワミジが作り、伝えて来られたものですから、真っ直ぐ伝えられていたら良いと感じていただけるものです。良くないというお声が多いならばそれは私が変に曲げてしまった、フルートが曲がりくねっていてうまく伝わっていないという事です。 私はクラスを行う時は「限りなく空洞に」と思っています。   よくお顔を拝見する方々、お久しぶりの方々、初めてお会いした方で集中してクラスに取り組んでくださった方々、そしてクラスを持たせていただいた珠数先生、スワミジ達や私に教えてくださった全ての先生や先輩方。至る所に感じるグレース。本当に有り難いですね。 帰り道、駅を出ると冷たい雨でした。買ったばかりのビニール傘をさして、自転車置き場から自転車を出してる時点で濡れるウェアにヨガマットにリュック。 インドで降られた時はこんなものではなく、スワミジに「水たまりのコブラに気をつけて」と言われて恐れ戦きながらずぶ濡れで部屋まで戻った事が蘇りました。傘もささずに歩いてたなぁ。白いパンツが数日で土で赤茶けて、何本白いパンツを買った事か。笑 と思い出しながら自転車でずぶ濡れで帰りました。     あたたかかったです。