コーラム・WS

 

コーラム(Kolam)とは?

コーラム(Kolam)とはインドに伝わる文化の一つで、伝統を守る家庭で朝に玄関前に白い粉で描かれた美しい模様です。インドの写真などで目にされた方は多いのではないでしょうか。日本ではどちらかというとランゴーリ(Rangoli)という名前の方が知られているかもしれません。コーラムという名前はタミルナードゥでの名前で、ランゴーリは主に北インドで使われている言葉です。その他にも地域によってムッグー(muggū)、アリパン(aripan)、マーンダーナー(māṇḍanā)など色々な名称で呼ばれています。また、その地域によって特徴に違いがあるだけでなく、描く意味合いも違ってきます。よってここでは総称としては「床絵」としておきます。

これらの「床絵」はインドだからどこでも見られるというわけではありません。この素敵な文化も少しずつ廃れてきつつあるようです。タミルナードゥではまだ多く見られ、伝統的な生活を送っている家庭では毎朝女性が描いています。逆に同じ南インドでも私がアーサナを学んだアシュラムのあるケーララではテンプルの中でしか見る事がありませんでした。大きなテンプルに入ると祭壇の前にシンプルなペーストコーラム(粉ではなく米粉を溶いたもので描きます)が描かれていました。

「床絵」は様々な描き方、デザイン、カラーがあります。普段は白一色で特別な時だけカラフルになったり、日常的にカラフルなものを描く地域もあり、先述したようにテンプルの中で見られるものであったり、宗教的意味合いで描かれるものはシヴァ派、ヴィシュヌ派などで特徴もあるようです。どの地域の床絵も素敵なものが多く、見ているだけでも楽しいものです。

 

 

何故コーラムを描くの?

コーラムを描く理由はいくつかあります。まずはラクシュミー(富の神様)を招くと言われています。また、昔はサドゥーに「食事を提供します」という意味もあったそうです。(さすがに現代ではコーラムがあるからと食事を求めて入って行くという事はないそうです)

また、他の意味ではपञ्चमहायज्ञ【pañcamahāyajñā / パンチャマハーヤッニャ】の中の一つであるभूतयज्ञ【Bhuta yajña / ブータヤッニャ】というものもあります。これは動物や植物達に貢献する事です。例えば自分の庭の植物にはお水をあげる事は庭で植物を育てていたらよくある、更に外の公共の植物にお水をあげたりする事も立派なブータヤッニャといえます。そして米粉で描くコーラムには雀や蟻が喜んで食べに来るのでブータヤッニャの一つなのです。また、描く前にお水で清めるので直接お米を食べない蜂も喉を潤しにくる事があります。

コーラムはこの様な理由があるので、鳥や蟻が食べて薄くなったり、お客様が歩いて消えて行く事は良い事とされています。生徒さん達は崩さない様によけて歩いてくださるのですが、もしお越しになった時はどうぞ気にせずに歩いていただいて大丈夫です。インドでは描いた直後にブーンとその上をバイクが走って行ったりしていました。

 

 

コーラムを描いてから…

庭に雀がよく遊びに来るようになりました。最初は家の中から覗いていても逃げていたのに、最近は庭にいても離れていたらコーラムを啄んでいます。また、毎朝しっかり掃除をする事で庭のタイルが奇麗になり、周りに植えている植物が元気になりました。沢山花を咲かせるようにり、またその花を部屋のプチ祭壇にお供えにするので良いサイクルとなっています。

 

 

どうやって描くの?

とてもシンプルなものです。まず、描く場所を清めます。そして米粉を手で摘んで地面に落として描いていくだけです。

最近では簡単に描けるように米粉を落とす為の筒状の道具を使ったり、テンプレートで簡単にする方法もあるそうです。アシュラムでスワミジからお聞きしましたが「最近はそういう道具を使う人が増えたし、ストーンパウダーなど混ぜたりする事が増えたが、伝統的にはただ指で米粉で描くだけだ」と仰っていました。

 

 

コーラムを描く米粉とは?

米粉だけだと描き辛いということもありストーンパウダーを混ぜる事もあります。実際私が習った時も米粉とストーンパウダーが混ざったものした。ストーンパウダーに重さがあるので描きやすくなるのです。また、代わりに塩を混ぜる方もいらっしゃるようです。私はスワミジから「伝統的には米粉だけ」とお聞きしたので米粉だけにこだわっています。お米の種類にはこだわっていませんが、玄米であれば白米にしてから使っています。

私の米粉の作り方はこの頁にありますが、最近はアシュラムで気軽に手に入る市販の米粉で描けるように練習を兼ねて市販の米粉で描いてみています。

 

コーラムを描いてみようかな?と思った方へ

コーラムは元々は母から娘へ伝えられてきたインドの文化です。私に教えてくださった方も何十年と描き続けて来られた方です。ですので私が習って来たので教えますという事はとても言えませんが、皆でコーラムを描く場を作り、日本でもコーラムを描く事を広げて行ければと思っています。

描く場所と人が集まれば必要なのは米粉だけと非常にシンプルです。
母から娘に伝わると書きましたが、男性もお描きいただけます。
インドでお会いしたプージャリさんは男性ですがとても奇麗なコーラムを描くと聞きました。

不器用だから、絵が描けないからと仰る方も多いですが、元々南インドの女性が普通に母から習って描いていた物です。また、アートではなく、コーラムを描くという行為が大切なのであって、上手さを競う物ではありません(アーサナやキールタンと同じですね)。描いてみたいという気持ちだけで始めるに充分の資質だと感じています。

 

コーラムWSのご依頼

 

 

WSをご希望の方はいつでもご連絡ください。
経費+ドネーションで開催させていただきます。
外でも室内でも大丈夫です。行ける所ならばどこにでも伺います。
ドネーションはコーラムを広める為に使わせていただきます。

また、場所をご提供くださる方もご連絡いただけたら幸いです。

 

 

コーラムは放置していても鳥などが食べるので環境にもよりますが、数日で殆ど無くなるかと思われます。 直ぐに消したい場合はコンクリートやタイル、アスファルトは水をまいて消す事が出来ます。 室内でご希望の場合は汚さない様にプラスティックシートの上で行う方法もございますのでお問い合わせくださいませ。

mahasakti.nao@gmail.com