私達の師について

近代にヨーガの叡智を繋いでくださった師達を紹介致します。

Swami Sivananda Saraswati (1887/9/8 – 1963/7/14)

医師であった青年期と俗世から離れて悟りを開いた聖者であった時代の両方を通して、人類愛に満ちた奉仕の人生の輝かしい手本を示された近代を代表する聖者の一人です。

インド、タミルナードゥ州に生まれ。青年期を医師としてマレーシアで過ごし多くの貧しい人々を助けましたが、体の治療だけでは本当の意味で人々を救えないという思いからインドに戻り出家しました。後にリシケシにディヴァインライフソサエティを設立(1936年)、またヨーガ・ヴェーダーンタフォレストアカデミーを開校し、インド古来からの知識を現代に伝える基盤を作りました。また300近くある著書の多くは英語で書かれ、言語、国境の壁を越えて多くの人々に読まれています。スワミ・チダーナンダ 、スワミ・ヴィシュヌデーヴァーナンダ、スワミ・サッテャーナンダ、スワミ・サッチダーナンダなど、多くのスピリチュアルリーダーを世に送りだしました。

スワミ・シヴァナンダの教えは全ての宗教の根底に共通して流れる教えの結晶であり、あらゆるヨーガ道を統合したことにより総合的なヨーガと呼ばれました。その教えは「Serve, Love, Give, Purify, Meditate, Realise(奉仕すること、愛すること、与えること、清めること、瞑想すること、真理を悟ること)」に要約されます。彼の一生はカルマヨーガ(無私の行い)のまばゆい理想のお手本そのものでありました。人々に尽くす機会をたゆまず探し続け、なすべきことを後回しにすることは決してありませんでした。

彼は愛と奉仕の教えとして200冊以上の本を執筆し、あらゆる国籍や宗教に属する弟子達を持ちました。

 

Swami Vishnudevananda Saraswati (1927/12/31 – 1993/11/9)

インド、ケーララ州生まれ。軍隊に勤務していた青年期、偶然手にしたスワミ・シヴァーナンダによる小冊子に感銘を受け門弟となりました。フォレストアカデミー、ハタヨーガ部門の初代主任教諭。1957年、スワミ・シヴァナンダの命によりアーシュラムを離れ、西洋諸国はじめ諸外国の人々のためヨーガの普及に努めました。1959年、カナダのモントリオールにてSivananda Yoga Vedanta Centerを設立以降、多くの国にアーシュラムやセンターを設立。また、自ら操縦して飛行機で数々の紛争地域に赴き、平和のメッセージを伝えたことから平和活動家としても知られています。この世界においての真の使命を果たすために、True World Order (TWO)を設立。その活動の一環であるTeachers Training Courseは、本当の意味で世界をリードする人材を育成することを目的とされています。著書の「Complete Illlustrated Book of Yoga(ヨーガ大全)」はハタヨーガのバイブルとして今も世界各国で愛読されています。

シヴァナンダヨーガのTTC、現在多くのシヴァナンダヨーガのクラスで行われている12の基本アーサナのシークエンスはスワミ・ヴィシュヌデーヴァーナンダがお作りになりました。

 


 

グルから受け取った叡智を現代に伝えてくださっているスワミジ達。

 

 

私の隣のスワミジから順番に紹介致します。

Swami Govindananda Saraswati

インド、ケーララ州生まれ。20代半ばにアーシュラムに入り、スワミ・ヴィシュヌデーヴァーナンダの門弟となりました。後に出家し二十数年間にわたりSivananda Yoga Vedanta Centerの主にネーヤルダム、マドゥライ両アーシュラムにて教鞭をとらています。多くのTTC、ATTC、Sadhana Intensiveといったコースを指導し、これまでに数千人のヨーガ講師を世に送り出しています。2010年に独立し非営利団体 Sivananda Yoga Vidya Peethamを設立。より質の高いコースを目指して指導を続けています。ユニークでユーモアのある指導であり、謙虚な人柄から世界中の多くの人に愛される天賦の才能のあるカリスマ指導者です。

座学では難解な哲学を論理的ですが初心者にもわかりやすく、アーサナでは深く、静かに穏やかに流れるような素敵なクラスを行われます。

 

Swami Tattvarupananda

インド、ケーララ州生まれ。スワミ・ブーマーナンダ・ティルタのもとで、ヴェーダーンタ、サンスクリットを学んだ後、リシケシにてスワミ・ダヤーナンダの門弟となりました。以降さらなる研鑽を重ね2003年に出家。ケーララに戻った後、ティルヴァナンダプラムに子供たちを宿泊施設であり学び舎でもある Janaka Janani Kripa Gurukulamを設立。インド国内外でヴェーダーンタの普及に勤めるヴェーダーンタの専門家であると同時に良きハタヨーギでもあります。2010年よりSivananda Yoga Vidya Peethamで講師を務めておられます。

素晴らしい話術とユーモアに溢れ、多くの生徒の心に響く素敵な講義をしてくださるスワミジです

 

 

Swami Nivedanananda

インド、ケーララ州生まれ。Sivagiri Sri Narayana Math に入門し、ヴェーダーンタ、儀式について学ばれました。若いうちに出家し、厳しい自律を守りながらタントラ儀式をつかさどる司祭となりました。ケーララ州ネーヤルダムにあるSivananda Yoga Dhanwantari Ashram では10年間に渡り毎日欠かすことなく行われたプージャの他、特別な時節の祭事も執り行ってこられました。2010年にアーシュラムを離れて以降も司祭として各地で活動。Sivananda Yoga Vidya Peethamでは主に儀式を担当されています。TTC、ATTCを修了したハタヨーガの指導者でもあります。

心優しく謙虚な人柄で、プージャの時の美しい所作や美しいマントラの響きは多くの生徒の心に残っている事でしょう。