Kolamの事と、日本で続ける為の米粉について

長年ランゴーリというものをやってみたいなぁと漠然と思っていたのですが、私の行ったケーララでは家の前に描かれている事はありませんでした。時代なのかな?とも思っていたのですが、飯能のキャンプでみちか先生にちらっと話してみたら詳しく教えてくださったので今もあるんだ!いつか習ってみようと心に決めたのでした。 そして今回のインド滞在の一つ目の目的であったグルクラムでのヴェーダーンタキャンプの時にみちか先生がアレンジしてくださって習える事になったのでした。心に決めた事があっさり3ヶ月以内に叶ってしまう驚き。グレースですね。 長年ランゴーリと思っていたのですが、私が思い描いていた白い線で美しい模様を描いている「あれ」はコーラムと呼ばれている様でした。後々ケーララの人達にも聞いてみるとタミルナードゥで盛んに行われているのだとか。またチェンナイでは毎年1月にコーラム大会なるものも行われているそうです(ドキドキしますね!) さて、このコーラムとは何でしょう?ただのきれいな模様でしょうか? この模様は米粉で描かれているのですが(描きやすくする為にストーンパウダーも混ざってました)それが蟻さんのご飯になるそうです。つまりブータヤグニャ(動植物に貢献すること)の一つです。また、富の神様であるラクシュミーを呼び寄せるとも言われています。昔のインドでは玄関前にコーラムが描いていたら誰にでもご飯を振る舞うという意味もあったようです。インドでは突然の来客は吉兆とされています。事前に約束する方が良くないというのを知った時は驚いたものです。   これは教えてくださったレーバティーさんがテンプル前に描かれた物です。 朝のプージャが始まった頃からすらすらと描き始めます。 みんな先生であるレーバティーさんにくっついて毎朝お掃除をしたりじーっと指先を見つめたりして皆で勉強して、少しずつ小さな所から描かせていただきました。     プージャは始まっているので上から聞こえてくるマントラ。 その中で集中してコーラムを描くのは本当に素敵な時間です。     これはアップの写真。長年描き続けておられるから出来る迷いの無い線が素敵です。     これは私が初めて描かせていただいたもの。 ですが、これスヴァスティカの方向が逆回転なので失敗です>< […]

帰国しています。

  インドから帰って来て今日で一週間です。 二日後からクラスを再開し、自宅クラス以外ももう再開させていただいています(じょんのびさんだけ新たな企画がスタートするまでお休みさせていただいています) 今回の渡印は約三週間という短いものでしたが、学びも経験も過去で一番大きなもののように感じています。グルクラムでのヴェーダーンタキャンプに始まり、ヨーガサーダナキャンプと数日の休日。グルクラムではヴェーダーンタの学びだけではなくずっと教わってみたかったコーラムやお菓子の作り方まで習う事が出来ました。また、アシュラムでは習いたてのコーラムを毎朝描かせていただく事ができました。日本でも続けていきたいと思います。数日の休日のような滞在では毎朝テンプルにお参りし、カタカリを見たり、読書や復習をしていました。どの日も素晴らしく、ご褒美のような日ばかりでした。 この辺りの事はまたおいおい書かせていただきます。 インドでは学びに集中出来るから毎回この上なく幸せに過ごせるのでしょうね。日本でもそうなれるようにもっと余計なもの(物も事も、です)を片付けて行こうと思っています。 また、英語の勉強にもっと力を入れない事には色々お話になりません。インド人の友人からも英語の勉強の仕方についてと、おすすめの本を書いたメールが届きました。有り難いですね。おすすめの本の多くはダヤーナンダスワミジの本だったので幸い沢山購入して来た所です。 どちらの目標も、今年こそ。です。 クリア出来なかったら次のインド行きはお預けの勢いで取り組みます。 インドでお世話になった先生方、友達、道を教えてくれた道中で出逢った方々、宿のオーナーさん、会話を交わした全ての方に感謝。今回も素晴らしい事ばかりのインド滞在でした。 ありがとうございます。