Kolamの事と、日本で続ける為の米粉について

長年ランゴーリというものをやってみたいなぁと漠然と思っていたのですが、私の行ったケーララでは家の前に描かれている事はありませんでした。時代なのかな?とも思っていたのですが、飯能のキャンプでみちか先生にちらっと話してみたら詳しく教えてくださったので今もあるんだ!いつか習ってみようと心に決めたのでした。 そして今回のインド滞在の一つ目の目的であったグルクラムでのヴェーダーンタキャンプの時にみちか先生がアレンジしてくださって習える事になったのでした。心に決めた事があっさり3ヶ月以内に叶ってしまう驚き。グレースですね。 長年ランゴーリと思っていたのですが、私が思い描いていた白い線で美しい模様を描いている「あれ」はコーラムと呼ばれている様でした。後々ケーララの人達にも聞いてみるとタミルナードゥで盛んに行われているのだとか。またチェンナイでは毎年1月にコーラム大会なるものも行われているそうです(ドキドキしますね!) さて、このコーラムとは何でしょう?ただのきれいな模様でしょうか? この模様は米粉で描かれているのですが(描きやすくする為にストーンパウダーも混ざってました)それが蟻さんのご飯になるそうです。つまりブータヤグニャ(動植物に貢献すること)の一つです。また、富の神様であるラクシュミーを呼び寄せるとも言われています。昔のインドでは玄関前にコーラムが描いていたら誰にでもご飯を振る舞うという意味もあったようです。インドでは突然の来客は吉兆とされています。事前に約束する方が良くないというのを知った時は驚いたものです。   これは教えてくださったレーバティーさんがテンプル前に描かれた物です。 朝のプージャが始まった頃からすらすらと描き始めます。 みんな先生であるレーバティーさんにくっついて毎朝お掃除をしたりじーっと指先を見つめたりして皆で勉強して、少しずつ小さな所から描かせていただきました。     プージャは始まっているので上から聞こえてくるマントラ。 その中で集中してコーラムを描くのは本当に素敵な時間です。     これはアップの写真。長年描き続けておられるから出来る迷いの無い線が素敵です。     これは私が初めて描かせていただいたもの。 ですが、これスヴァスティカの方向が逆回転なので失敗です>< […]

秋なこと乙なこと

  お寺は秋が何となく似合う気がします。 とはいえ、春の桜も夏はお盆、雪化粧のお寺、と、どの季節も素敵なのですが。でも秋の夜に虫の声を聞きながらお寺でヨーガだなんてなかなか乙だなと感じています。   乙とか書くと個人的には『へうげもの』という漫画を思い浮かべてしまいます。     新刊が出たら買ってしまう数少ない漫画の一つです。主人公の茶人、古田織部が乙だと感じた時に実に嫌らしい表情をしながら手で「乙」と作るのですが、画像検索したらフィギュアやアスキーアートもあるようで驚きました。笑 まんま、「乙」というCDも出ている様です。   歴史の解釈や脚色が気に入るかどうかにもよりますが、歴史や日本文化が好きな人には楽しい漫画です。茶道は簡単にしか学んだ事がありませんが、充分楽しめますし、知識も広がります。芸術の秋だからと芸術に触れるにはちょっとしんどい、という方は漫画を楽しく読みながら日本の文化や歴史に触れるのも乙かもしれません。   昔の職場で朝から花を生けるのが業務の一つでした。今思うと素敵なお仕事です。近頃は玄関に飾ったり、庭の花をガネーシャの前に供えるのも習慣になってきています。日本には華道という素敵な文化がありますが、残念ながら私はきちんと学んだ事がありません。それでもただ無造作に生けるのではなく、自分なりに美しさを見つけて生けるだけでその場が素敵な空間になります。美しさや凛とした空間を作る事、所作は大切にしていきたいものです。   【乙なもの】気が利いていて、ちょっといいと思わせるさまなどを意味する表現。他もよいが、これもまた趣きがあってよい、といった意味で用いる。   ずば抜けて素晴らしい!というものよりも穏やかでちょっと良いというあたりが気に入っています。甲乙丙丁の甲ではないんですよね。人間、ちょっといい事の積み重ねが大切なのでは?と感じています。日常に少しずつ取り入れて行きたいものです。